努力したWiki

推敲の足りないメモ書き多数

ユーザ用ツール

サイト用ツール


documents:mail:mail-001

fetchmailでヘッダ異常のメールを読み取らせる

追記

2011年9月15日

fetchmail リリース 6.3.15 から、bad-header オプションが追加となりました。

fetchmail --bad-header accept

の指定でヘッダに異常のあるメールを取り込み可能となります。.fetchmailrc に入れる場合は bad-header accept になります。 その場合、ユーザオプションの前に記述しないとエラーになります。

defaults
        timeout 1200
        bad-header accept
        no mimedecode
        no rewrite
        set invisible

はOKでも、

defaults
        timeout 1200
        no mimedecode
        no rewrite
        set invisible
        bad-header accept

はNGということです。

ヘッダ異常のメールを読み取らせる

2010年05月13日 07時37分44秒

fetchmail リリース 6.3.13 では、メールヘッダに異常のあるメールはメールサーバから消してくれない。なんかオプションあるんだろうかと思って探してみたけど見つけられない。なので、思い切って改悪を入れてみた。

*** transact.c  2010-05-11 09:02:18.000000000 +0900
--- transact.c.org      2010-05-11 09:01:58.000000000 +0900
***************
*** 592,598 ****
                           GT_("incorrect header line found while scanning headers\n"));
                if (outlevel >= O_VERBOSE)
                    report (stdout, GT_("line: %s"), line);
!               refuse_mail = 0;
            }
 
            /* check for RFC822 continuations */
--- 592,598 ----
                           GT_("incorrect header line found while scanning headers\n"));
                if (outlevel >= O_VERBOSE)
                    report (stdout, GT_("line: %s"), line);
!               refuse_mail = 1;
            }
 
            /* check for RFC822 continuations */

要はエラーを見なかったことにするだけですがね。

とりあえずメールをサーバから消してくれる様にはなります。これを適用して何かあっても自己責任で。

documents/mail/mail-001.txt · 最終更新: 2015/12/20 15:29 by k896951

ページ用ツール