努力したWiki

推敲の足りないメモ書き多数

ユーザ用ツール

サイト用ツール


documents:quick:quick-0005

qmail クイックセットアップ

2008年04月28日 05時20分11秒

qmail の大急ぎ設定メモ。FreeBSDのports からのインストールなので、tarballからの細かい作業はすっ飛ばしてある。

インストール

portinstall なり cd /usr/ports/mail/qmail; make install なりで済ます。

ブートファイルコピー

/var/qmail/boot/ から自分の欲しい起動形式を /var/qmail/rc へコピーする。 maildir 形式を使うのであれば /var/qmail/boot/maildir をコピーする。

root# cp /var/qmail/boot/maildir /var/qmail/rc

maildir形式は qmail のデフォルト。

controlファイルの作成

/var/qmail/configure/config-fast スクリプトを実行する。 /var/qmail/control/ 以下にファイルがとりあえず出来るのでこれらを書き直す。

/var/qmail/control/defaultdomain

メールアドレスにドメインをつけなかった場合に補完される。

jar.jp 

だった場合、メールアドレスに foo を指定すると、foo@jar.jp に補完される。

/var/qmail/control/locals

ここに記述したドメインはローカル配送とし、外部へ配送しない。様はこのサーバ止まり。

jar.jp
sub.jar.jp
foo.co.jp

この例だと、jar.jp、sub.jar.jp、foo.co.jp ドメインはローカル配送。

/var/qmail/control/me

このメールサーバのドメイン。大抵はサーバのFQDNとなる。

amanda.foo.bar.co.jp

上記は 「ほにゃらら@amanda.foo.bar.co.jp」 のドメインを扱うサーバだ、という指定。

/var/qmail/control/plusdomain

メールアドレス最後にプラス記号「+」が付いていた場合に、このドメインを付けて補完する。

foo.ne.jp

例えばメールアドレスに 「len@wryyyy.crypton+」と指定しとくと「len@wryyyy.crypton.foo.ne.jp」になる。

/var/qmail/control/rcpthosts

メールの受信可能ホストもしくはドメインを指定する。

192.168.100.200
.foo.bar.jp

この例だと、192.168.100.200 のIPアドレス、もしくは ドメイン最後が 「.foo.bar.jp」 で終わるFQDNのホストからの接続を許す。

/var/qmail/control/smtproutes

外部配送時のSMTPサーバ指定。

par.ne.jp:inner.smtp.foo.jp
.far.jp:outside2.smtp.jp
:outer.smpt.foo.jp

この例は、

  • ドメインが「par.ne.jp」のメールはサーバ「inner.smtp.foo.jp」へ配送する。
  • ドメイン末尾が「.far.jp」のメールはサーバ「outside2.smtp.jp」へ配送する。
  • それ以外はサーバ「outer.smpt.foo.jp」へ配送する。

aliasの設定

サーバの root 充て、postmaster充て、mailer-daemon充てのメールを誰に送るかの指定。 qmailではrootにメールを送ったりしない。

/var/qmail/alias/.qmail-root

root充てのメールの転送先を記述。

/var/qmail/alias/.qmail-postmaster

postmaster充てのメールの転送先を記述。

/var/qmail/alias/.qmail-mailer-daemon

mailer-daemon充てのメールの転送先を記述。

mailer.conf の書き換え

/var/qmail/scripts/enable-qmail を実行すれば
 amanda# ./enable-qmail
 ===> I hope you know what you are doing:
 ===> You just told your system to not
 ===> automaticaly start sendmail on your
 ===> next startup.
 ===> (i.e., added sendmail_enable="NONE" to rc.conf)
 ===> Do not forget to choose an appropriate qmail startup
 ===> script. Go through /var/qmail/boot, choose one
 ===> and copy the chosen script as /var/qmail/rc
 ===> For example, "cp /var/qmail/boot/proc+df /var/qmail/rc"
 amanda#
 amanda# cat /etc/mail/mailer.conf
 # Configuration for mailwrapper is kept in /etc/mail/mailer.conf.
 # Replace that file with this one to enable qmail under a sendmail
 # disguise. Very useful.
 
 sendmail        /var/qmail/bin/sendmail
 send-mail       /var/qmail/bin/sendmail
 mailq           /var/qmail/bin/qmail-qread
 newaliases      /var/qmail/bin/newaliases
 hoststat        /var/qmail/bin/qmail-tcpto
 purgestat       /var/qmail/bin/qmail-tcpok
 amanda#

程ほどにやってくれる。

起動

amanda# /usr/local/etc/rc.d/qmail.sh start

qmail.sh は /var/qmail/rc へのシンボリックリンク。 古いqmailのportsだとこのファイルはないから自分で /var/qmail/rc を起動するスクリプトを書いておく。

documents/quick/quick-0005.txt · 最終更新: 2014/04/27 17:30 (外部編集)

ページ用ツール