努力したWiki

推敲の足りないメモ書き多数

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メニュー

インデックス

documents:tools:tools-205

VOICEROIDやCeVIOのセリフ音声データを一括作成するツール

2020/08/30
とりあえず作成開始。

ダウンロード

asfront20200901.zip - ASFront 2020/09/01 公開。行毎に発声パラメタを指定できるようにした。

概要

指定したファイル名+連番でwavファイルとtxtファイルを作成します。
音声合成製品が異なると面倒なので、AssistantSeikaを利用して手間を省く目的で作成したのがこのツール ASFront(えーえすふろんと)です。

※VOICEROID以外の音声合成製品をRecotte Studio体験版上で使うために作ってました。

準備

このツールはAssistantSeikaが必須です。先にAssistantSeikaをインストールしてください。

インストールが終わったら、使いたい音声合成製品とAssistantSeikaを起動し、AssistantSeikaが音声合成製品を認識した状態にしてください。

それからASFrontを立ち上げると、初回だけ音声保存フォルダを聞いてくるので指定してあげてください。 編集タブの話者のコンボボックスにAssistantSeikaで認識している話者が表示されていれば準備完了です。

使い方

メモ帳でも何でもいいので、1行1セリフでテキストを作成します。

これをコピーして ASFrontへペースト(キーボードから CTRL + V の操作)します。

ASFrontのグリッドに転記されたら、ボタン「全部保存」を押してください。音声保存先にwav,txtのファイルが作成されます。

字幕と異なる音声を発声させられます。ASFrontのグリッドの項目「音声」は編集可能なのでこちらを修正してください。
音声の修正を行った場合は、修正行を選択してボタン「選択行保存」を押してください。そのwav,txtのファイルが再作成されます。

音声合成製品の発声パラメタを変更すると、全ての行にこの発声パラメタが適用されます。

生成された wav,txt のファイルをすべて選択(ドラッグ)して Recotte Studio体験版 の話者タイムラインにドロップすると字幕が作成され、音声が同期して配置されます。

特定行の発声パラメタを変更したい場合は「個別適用」のチェックを入れます。下部に専用のUIが表示されるのでここで設定してください。修正行を選択してボタン「選択行保存」を押しwav,txtのファイルを再作成します。

その他

  • Recotte Studio体験版 で話者の音声フォルダリンクを設定しておくと、音声が更新された際にマークがつくので便利です。

     
  • AssistantSeika側の設定で話者認識が変更されている場合、話者情報が同期していませんのでASFrontを再起動してください。
documents/tools/tools-205.txt · 最終更新: 2020/09/01 12:51 by k896951

ページ用ツール