努力したWiki

推敲の足りないメモ書き多数

ユーザ用ツール

サイト用ツール


documents:voiceroid:seikacenter:seikacenter-005

SeikaCenterAPI.dll の説明

ダウンロードは VOICEROID2/+EX/CeVIOをコマンドラインからしゃべらせるからお願いします。

DLLを利用して操作する例

SeikaCenterAPI.dll は .NET Framework 4.6.1 環境で作成したDLLです。以下に使用例を掲示します。

sample.cs
using System.Collections.Generic;
using SeikaCenter;
 
namespace a_test
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
 
            SeikaCenterControl scc = new SeikaCenterControl();
 
            double len = 0.0;
 
            Dictionary<string, decimal> effects = new Dictionary<string, decimal>()
            {
                {"speed", 0.90m },
                {"pitch", 1.30m }
            };
            Dictionary<string, decimal> emotions = new Dictionary<string, decimal>()
            {
                {"喜び", 0.60m }
            };
 
            // 音声発声時
            len = scc.Talk(2000, "あー嬉しーなー", "", effects, emotions);
 
            // 音声保存時
            // len = scc.Talk(2000, "あー嬉しーなー", @"E:\seikacenter\ureshi.wav", effects, emotions);
        }
    }
}

現時点では以下のメソッド、プロパティが公開されています。

メソッド/プロパティ 説明
string SeikaCenterControl.DLLVersion DLLのバージョン。SeikaCenterのバージョンではありません。
Dictionary<int, string> SeikaCenterControl.AvatorList SeikaCenterで利用可能な話者の一覧を返します。
Dictionary<string, decimal> SeikaCenterControl.GetAvatorParams() 指定の話者のデフォルトパラメタ情報を返します。
double SeikaCenterControl.Talk() 指定の話者で発声/音声保存させます。戻り値は
  発声時:発声にかかった時間
  保存時:保存した音声ファイルの音声長さ
単位はミリ秒です。

effectsで指定できる名前。英小文字で記述。範囲はSeikaSay.exe の説明を参照。

名前 対応するパラメタ
volume 音量
speed 話速
pitch 高さ(トーン)
alpha 声質 ※CeVIOでのみ有効
intonation 抑揚(トーンスケール)

emotionsは話者により異なる。VOICEROID2は現時点では固定。CeVIOは話者毎に異なる。

感情パラメタ
話者 “喜び” “怒り” “悲しみ” “元気” “普通” “怒り” “哀しみ” “クール” “照れ” “へこみ”
VOICEROID2
さとうささら
すずきつづみ
タカハシ

Talk()で返る時間/長さですが、同じ文面を再生/保存させても毎回異なります。
これは、製品の機能を使わず発声の終了を自前で監視しているため、PCの状態やタイミング等の問題で変動します。 音声保存時は一度保存した音声ファイルから算出させています。

documents/voiceroid/seikacenter/seikacenter-005.txt · 最終更新: 2018/07/15 09:38 by k896951

ページ用ツール