努力したWiki

推敲の足りないメモ書き多数

ユーザ用ツール

サイト用ツール


documents:windows:other-007

VirtualBoxよる仮想マシン作成1

2008年09月07日 08時56分05秒

会社の新人さんにエミュレーターを教えてしまったので、ちょっと復習も兼ねて QEMU on Windows を使う…が動かない…CPUがAMD64だと色々面倒がある模様。 で、早々に諦めて、少しだけ調べたことのある VirtualBox を試したところ動くようなのでこっちでやってみる。

リンク

インストール

今回は、WindowsVista上でVirtualBoxを動かし、仮想マシンには Ubuntu の日本語ローカライズ版 をインストールしてみる。

VirtualBoxをインストールする

VirtualBox のサイトのURL http://www.virtualbox.org/wiki/Downloads より今回は 「VirtualBox 2.0.0 for Windows hosts x86」をダウンロードした。

インストールはいたって簡単。インストーラを起動して質問に答えるだけでよい。特に問題なく終了。

インストールOSのISOイメージ準備

日本語ローカライズドDesktop CDのダウンロード から Ubuntu 8.04 LTS版 をダウンロードした。ISOイメージはCD一枚分。昨今の物にしてはコンパクトだと思う。

仮想マシンを作成する

VirtualBoxを起動すると、最初に登録をお願いするダイアログが出る。

素直に登録しても良いと思う。どうするかは利用者次第。

環境設定

デフォルトの保存先を変更する。例では、CドライブからDドライブに変えている。ドライブの変更をしないならここは弄らなくともよい。



基本的に仮想ディスクはだんだんでかくなるので、ブートドライブ以外の場所に入れた方が良いと思う。

仮想マシン作成ウィザード

ここでは仮想マシンの定義とその仮想マシンで使うディスク、メモリ割り当てなどを定義する。





仮想ディスクマネージャでディスクを作っていない場合はここで『新規』ボタンを押してOSをインストールするハードディスクを定義する。
※実態はファイル。今動いているOSのディスクをどうにかする訳ではないので誤解なく。






『Finish』ボタンで作成完了。


他のOS用仮想マシンについても同じ手順で作成する。

割当てメモリの変更

Ubuntuのサイトによれば、デスクトップ版のインストールにはメモリが 384MB要るという事なので、割り当てるメモリを変更する。 作成したUbuntuの仮想マシンを選択し、『設定』アイコンをクリックすると、設定ダイアログが開くので、メモリを 384MBに変更する。


意味が解るなら他のパラメタも修正する。

ISOイメージの割り当て

先にダウンロードした UbuntuのISOイメージを仮想マシンのCD-ROMにマウントする。もしCDに焼いてあるのならそのCDをそのまま割り当てできる。





特にインストールCDをマウントするのであれば、ブート順序でCDが優先となるように変更しなくてはならない。

仮想マシンの実行

仮想マシンを選択して『起動』アイコンをクリックする。CD-ROMからブートできればUbuntuのインストーラが起動する。

仮想マシンのウインドウ内をクリックすると、以降のマウス操作、キーボード操作の結果が仮想マシンにキャプチャされる。この状態から抜けるには、キーボード右の[CTRL]キーを押す。



画面解像度が変わるとウインドウのサイズも変わるので注意。





再起動の前に、メニューの『デバイス(D)』から『CD/DVD-ROMのマウント解除』を選択し、CDをアンマウントしておく。
※アンマウントしないとまたインストーラが立ち上がることになる。

仮想マシンのネットワーク

デフォルトでは、仮想マシンは仮想ネットワークに接続されており、構成が QEMU と同じ模様。

            VLAN      <------>  ファイアーウォール/DHCP server <-----> インターネット
                         |          (10.0.2.2)
                         |
                         ---->  DNSサーバ (10.0.2.3)
                         |     
                         ---->  SMBサーバ (10.0.2.4)
                         |     
                         ---->  仮想マシン(DHCPでアドレス付与。10.0.2.15から始まるアドレスが付与される模様)

普通にクライアントとして使うには問題ないはず。Ubuntuは特に指定していない限り、DHCPクライアントが働くのでOSが起動した時点でもうIPアドレスが割り振られているはず。




システムのアップデートプログラムがダウンロードを行っている。
ブラウザで外部サイトを表示できている。

ちゃんと外部ネットワークへ出られるのを確認できた。

64bitOSは動くの?

※注意
このドキュメント作成当時のは動きませんでしたが、最近の版では64bitのVMも作成できます。お試しを。

ためしに動かしたがさすがに阻まれた。

OpenSUSE 10.3 x64 はインストーラがきちんと弾いた。

その他

解像度を上げたり、その他にもいじるべきところはありそう。

documents/windows/other-007.txt · 最終更新: 2015/12/21 04:03 by k896951

ページ用ツール